Crossroads

交差点的視点から

Hold me now

5月3日は、母の日から一足早く、母の姉が住む茅ヶ崎へ従姉妹と一緒に出向いた。

戸塚あたりで若干渋滞があったものの、前日の那須に比べりゃ茅ヶ崎は、近い。

サザン・オールスターズのおかげで、茅ヶ崎はオシャレな感じがするだろうけど、近くに鎌倉、葉山があっちゃ、なんのことはない、案外素朴なところで、幼少時に行った頃の記憶がよみがえる。

叔母の家も、ずいぶんと小さくなったように見え、なんだか私自身がガリバーにでもなったかのような気分だ。

resize1765

私たちのためにと、前日から用意しておいてくれた、田舎風煮ものや青菜の漬物、牡蠣フライ・・・棚に立ててある母の写真を見つけ、泣きそうになるのをぐっとこらえた。

せっかく茅ヶ崎まで来たのだから、鎌倉まで足を伸ばして、どこかで美味しいものを食べようよ、ってことで、鎌倉在住の友の計らいで、長谷観音近くの「0467」へと向かった。

海岸沿いは、想像通りの大渋滞!茅ヶ崎から鎌倉まで、一時間はかかったが、逆に運転手の私はゆっくりと海岸見物できて、かえってありがたかったりもして。

それに、女同士って、ノンストップで会話できる達人だから、渋滞も結構楽しかったりする。

予約の時間より少し早めに到着した「0467」だが、

鎌倉市長谷3-8-17
tel:0467-24-8739


resize1749


友のおかげでとても丁寧な対応をしてくださり、私たちもそれに応えるがごとく大食いした。

最初におこぜを食べた人は、勇気がいったろうに。
おこぜの泡盛蒸し

resize1767

肉食系の私に、

resize1751

あさりとたけのこのごはん

resize1750

鎌倉野菜のサラダやひしこのフライ、デザートも完食で、お腹がふくよかになり中年女らしい体になった。

叔母と従姉妹も感激し、手と手を取り合って喜んでいたが、

resize1766

叔母の、「気持ち悪い」の一言で、従姉妹、泣く。

従姉妹の愚息は、会社を突然辞めて、世界放浪の旅に出ていると嘆いては、泣く。

私たち親族は、泣き虫なんだ。

もうこの世にはいない母だけど、叔母や従姉妹と会うことで、母も一緒に楽しんでくれているような気がして、これを毎月の恒例とすることを約束した。

帰りは、嘘のように空いてて、第三京浜をすっ飛ばした。



母がいないのを、いまだ受け入れられない気持ちを、受け入れようと思う。

Together again

人は、落ち着くべきところに落ち着くものなのかもしれない。

挙式に向けてこの半年は、新郎新婦ともに大変だったと思う。
もうずいぶん昔のことだが、私も式の一週間前はどこかに逃亡したい衝動にかられたものだ。

それでも、結婚式というのは、お互いを尊敬し愛し続ける宣誓をすることで、人生そのものに対する責任感を芽生えさせてくれる素晴らしい機会だから、こういったけじめある儀式を、私はとても重んじている。

それに加えて、特に新婦にとっては、唯一主演女優賞受賞の機会でもある。

私の秘書として、長く側にいてくれたA子の挙式だ。

ボスというより、姉としての感情が大きく、彼女の晴れ舞台を悔いの残らぬよう、私なりにサポートしてきたつもりだ。

式の進行から、ヘアメーク、音楽、引き出物に至るまで、なんだかんだと普段の仕事並にトータルプロデュースしてしまったのだった。

さらに、一ヶ月で体重を6キロ、落とさせた。

A子が恥をかかないように。私にとっても、それは、同じで。。。

マイアミ出張だった友は、この挙式に間に合うように、ヒースロー経由で成田に到着。速攻自宅に戻り、車で那須入りするという。

万が一のことを考えて、私は新幹線の予約をしてあったのだが、タイミングがいい時というのは、すべてが上手く回るもの。

「自宅、着いたよー!アンタも車乗ってけば?」

え?連休中なんですけど・・・渋滞で遅れるってことにでもなったら、A子に恥をかかせてしまうんじゃ?

え~い、ままよ。乗って行こう!

幸いにしてすぐ近くに住む友の家まで行き、ネクタイを選び、ご祝儀袋にサインさせ、万事OKで出発したのが、5月1日12時半。

那須インターに到着したのが、14時半。

那須二期倶楽部に到着したのが、15時。

式が始まる前に、新郎新婦の控え室に行き、花嫁の姿を見て号泣したのが、15時半。

そして、16時。

resize1756

二人の誓いの証人となる。

resize1747


天候も環境も大地のエネルギーも森の精霊も、みんなが温かいまなざしで見守り祝福した。

場所を移し、披露宴。

resize1746


A子には悪いが、6キロ減量しなけりゃ、後姿はだるまさんだった。

きれいだったよ、A子。

resize1773

お人形さんのように、きれいだった。

席を同じくしたある大使ご夫妻にも、こんなに素敵な結婚式は初めてだとお褒めの言葉を頂戴した。

その言葉を聞いて安堵したのか、新郎新婦、そして、ご両親が待つ帰りの列で、大号泣していたのは、私だけだった。

おめでとう、A子。

血のつながりのないあなただけど、こうして出会えたことには何らかの意味があってのことだと思う。

こんなに感情を揺さぶられる人って、そう出会えるものじゃないもの。

前世でも姉妹だったのかもしれないね。きっとそう。

あなたのママが言ってた。今度はあなたの番よ、って。

みんなが嫁いだ今、今度は長女の私が、もう一度嫁ぐ番だね。

ありがとう。

で、偽装夫婦の私たちは、二期倶楽部にその日宿泊した。

長旅の疲れか、友の寝言がうるさく眠れぬ夜を過ごしたのだが、わざわざ妹のために駆けつけてくれた友だもの、そこは感謝の気持ちでいっぱいだったのは、偽らざる気持ちである。

翌朝、桜の花がまだ残る庭で朝食を。

resize1753

偽装夫婦、高原を散歩。

resize1760

キッス イン ブルー ヘブン もっと遠くへ~

resize1761

キッス イン ブルー ヘブン 連れて行ってね~ ダーリン

resize1762

帰りは、友が海外出張中の間、預けておいた犬のタローを引き取りに、宇都宮へ寄り、

resize1763

一路、東京へ。

resize1764

帰りも、まったくといっていいほど渋滞に遭遇せず、すべてが完璧に回る二日間。

ここでも浮かぶ言葉は、「ありがとう」と「愛してる」。

Should I stay or should I go

私には一芸に秀でるものが何もない。

来年で会社設立20年を迎えるのだが、よくぞここまで続けて来れたものだと我ながら感心する。

一芸に秀でるものがない私だが、前述したように、本質を見抜く目には少しばかり自信があって、さらに、ヒト(モノ)とヒト(モノ)を結びつけて新たなシーンを構築していく過程が楽しくてしょうがないことだけは知っている。

だが、この先もいままでと同じように、楽しさの追求をしながら会社を続けていけるかというと、そこはヒジョーに懐疑的にならざるを得ない現実が目の前に横たわっている。

だから、今までの行動パターンである、大きく網張って取れた獲物をふるいにかけるのはもうやめて、確実に本質的なものだけを仕事(人間関係もしかり)にする誓いを立てたばかりなのだ。

このところ、湘南や房総に移住する人が多く、これは私も呼ばれてるのかな、ってことで、湘南方面あるいは房総方面に思いをはせているのだが、まだビビビのサインはやって来ていない。

明確なビビビが降りてきたとき、私は、速攻行動に移しているに違いなく。

みんなが唖然としているところを想像するのが楽しみでしょうがなく。



結局、楽しさの追求が、この先も生きるモチベーションに他ならずってこと。

ヒトモノ ココロ

リーマンショック以降の景気の低迷と、このところの悪天候と世界中で起こる(怒る)自然の脅威により、能天気なまでのポジティブ思考な私も、最近ではすっかり将来を憂うおばさんに姿を変貌させつつある。

景気回復に一役買うわ、とせっせと買い物にいそしむ姿は、自分でもなんだか哀れですらある。

いつも行動を共にする一回り二回り年下の彼らは、おそらく私の実年齢などほとんど気にしていないのだろう。
実際、私自身だって、年齢記入の時ぐらいしか自分の年齢を意識したことはなく、精神年齢はフリーランスになった28歳で止まったままなのだ。

宇宙の、地球の論理からすれば、人間なんか塵のような存在で、そんな塵のような存在の私たちがしでかす愚かな行為に対する制裁が始まっているようにも思える最近の気候の変動は、ある人に言わせれば、氷河期へ向かっている。人間は、地球にとって必要なのか?

否、と。

とはいえ、何かしら地球に貢献しなければこの世に生を受けたつじつまがあわないのではないかしら、などと、思考はぐるぐるループするばかりで・・・

そんなとき、友人から、広尾にあるHITOMONOKOTOで「ヒトモノ ココロ展」があるから行こうとの誘いを受けた。

resize1738

そこで初めてお会いしたジュエリーデザイナーの小前さんは、かつて東京でジュエリーブランドを立ち上げ活動なさっていたのだが、数年前に千葉に移住し、犬のポーさんと二人暮し。自然と語らいながら静かで素敵な生活を送ってらっしゃるのを自身のブログ「時間の心」で拝見している。

作品のジュエリーたちも、そんな優しい目を通した温かいものばかりで、

resize1742

resize1743

私もその仲間に入りたくて、一作品を手に入れた。

resize1741

すべてハンドメイドのこれらに触れていたら、最近のうつうつした気持ちは、安価な大量生産なものばかりに侵食され、作り手のモノに対する愛情を感じることができなくなっていたことが、その原因のひとつなんじゃないかと気づいたのだ。

小前さんばかりではない。

HITOMONOKOTOを主宰する六高寺さんだって、江戸時代から造り酒屋で使用されていた酒袋を柿渋で染め、一枚しか存在しない布と合わせ、酒袋鞄(SAKE-TOTE-BAG)をリメーク、新たな命を生み出している。

resize1740

そのことを熱心に語ってくださる姿を見て、はた、と、中途半端な中年のボヤキしかしていない私を恥ずかしく思った。

人と人をつなぐのが、私自身の喜びであり、大袈裟に言えば、使命だったんじゃないのか?

本質を見抜くのが得意、と得意げに言ってたんじゃないのか?

得意を伸ばさなくてどーする?

そうでした。

で、「ヒトモノ ココロ展」の帰りに友人らと食事をしながら、いろんなことを話した。

かなりつっ込んだトークを繰り広げ、周りの人たちは、若干引いたんじゃないだろうか。。。

その模様は、友人ブログ「めのおかし」をご参照あれ。

結局、この世は、「ヒトモノ ココロ」。

ご縁とタイミングだけで回っている。

だから、私は、これからも、吼え続ける。

いい歳こいた負け犬といわれようが一向に構わない。

私は、これからも、歌って踊れる人間交差点を目指す。


意外と癒し系

二週間ほど前に急遽決めた長野行きは、一年前にアクアガールの撮影で訪れた御射鹿池にもう一度行きたかったから。

今年に入ったとたん、いつもとは違う体の不調を自覚しており、それは年齢のせいばかりではなく、なんとなく地球そのものの気の流れのようなものが悪いんじゃないのかな、などと、このところの激しい気候の変動をそんなところに結び付けていた。

そこにいるだけで癒される御射鹿池に行きたい。

京都から車でやってくる友と長野駅で待ち合わせの約束をしたのは、東京に41年ぶりに雪が降った4月17日土曜の朝で、自宅を7時に出なくてはならない私は、心が折れかけていた。

けれど、京都から深夜に運転してきている彼女をひとりにさせるわけにはいかないな、とiPodから流れるTRFの「寒い夜だから・・・」を歌いながら寒い朝に家を出た。



雪の影響で新幹線が遅れることもなく、10時きっかりに長野駅に到着。

そこから、箱根神社へ一緒にいったマリさんのリクエストで、戸隠神社へと向かう。

resize1735

resize1733



resize1734

この地もやはり41年ぶりの雪の影響で、マリさんが行きたがっていた奥社には入れず、

resize1731

今日はここには呼ばれてないのよと、鳥居の前で手を合わせ、雪景色を借景にそばをすすった。

resize1729

今日は御射鹿池なのよ、と心の中で思いながら。

resize1730

戸隠から蓼科への途中、善光寺さんに寄れば、

resize1728

桜が満開で、

resize1727

蓼科へ向かいながら沈みゆく太陽を追いかけ、

resize1737

木立の前に立ちすくみ、

resize1725

雪が残る御射鹿池の美しさに涙した。

resize1726

山道で3度、鹿の群れに遭遇し、この地の歓迎を受けた。

resize1736

ここに来ることができて本当によかった。

「愛されてるんだな~」、ってことを初めて感じることができたから。

余生は「感謝」だけのような気がしたから。

Twitter
Photo
  • お久しぶりです。
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
Profile
Category
Archives
New
Crossroads