Crossroads

交差点的視点から

GOLDな火曜日

伝説の男を前に緊張の面持ちの男たち@musmus
eb3543f1.jpg

某TV番組企画の打ち合わせのため、東京のナイトシーンを変えた男、佐藤としひろ氏とご対面となった。
b4b3c2e4.jpg

私がパンクでテクノな大学生の頃は「ツバキハウス」の店長であられ、ファッション業界にどっぷり浸っていた頃には「クラブD」「玉椿」「トゥーリア」「ADコロシアム」・・・大変お世話になった。
そして、私の人生を変えた、芝浦「GOLD」社長だった佐藤氏。

佐藤氏が18歳で山形から上京してきて現在(55歳)に至るまで、遊び場を通して一貫して貫かれたコンセプトは、「若い人と大人のMIX」であり「業界・業種のMIX」、「全てのMIX」であるということ。
ナンパな箱ではなく、文化性を創るにはすべてがミックスされなければならない、と。

'68年にオープンした赤坂「ムゲン」は、川端康成や三島由紀夫も通いつめた、文化人が銀座以外で唯一遊べるナイトクラブだったのだが、それ以降の東京のナイトシーンは「ムゲン」をベースに多岐に展開されていくことになる。

佐藤氏が手がけた多くの箱は、「ムゲン」が発祥のライブ・ラウンジの要素に、その時代の最先端のファッション・アート・音楽をミックスさせたものである。

その一時代を共に過ごせ、教えを得たことは、本当に奇跡的なご縁としか思えないのである。

そんな2時間にも及ぶインタビューを終え、3人の男たちのお目目は恋する男の目になっていた。

来年の収録を心待ちにしています。

ここで皆さんとお別れし、別打ち合わせを3本こなし、代官山へ。

いつも休み前のこの時期は、ヒジョーに忙しい。
休み前だからこそ、ヒジョーに忙しい。
まるで休ませまいとする引きの強い磁石でもあるかのように・・・

代官山に到着したと同時に、星人Mが、私だけのためのエッセンシャルオイルを届けにいらっしゃった。
今日の嵐のような出来事を話すと、「そりゃそう、だって、今日からね~さん、変わるから。変わって欲しくないエネルギーが邪魔してんの。」と、ばっさり。

親友M氏を誘って、3人の忘年会へ。
(ちなみに親友M氏は「GOLD」のPVを撮ってくれたディレクターです。)

水からはみ出る星人M
17572015.jpg

水を飲む私
1fbfe5bf.jpg

水につかる親友M氏
b7e032b6.jpg

今年に
7786ecb5.jpg

来年もよろしく
60d4ec1d.jpg

よき年になりますように
670e8b89.jpg

まだ、明日もあるぜ・・・

Happy Christmas to You All!

  • December 25, 2007
みんなが しあわせで ありますように。

9af3ebba.jpg

a7d9974e.jpg

f6618cab.jpg

8abdd7dc.jpg

9a9d97c8.jpg


3412e797.jpg

あっしは筋肉痛ですがね・・・

クリスマスプレゼント

おそらく今年最後になるであろう殿とのお買い物は、もちろんHPH新宿タカシマヤで。

da3b4cad.jpg


どうです、この完璧なフィット感と染めの落ち方は。
初めて裾カットはいたしません。
ブーツの中は凄いことになっていますが、ここはご愛嬌ということで。
下腹部もすっきりと、殿いわく、「関東平野」と。
平ら、ということですね。

ここでスタッフの方々にお別れし、近くのイサミへ。

今年のお互いの健闘を称え、プレゼント合戦が始まりました。
姫にとっては完全アウェイの雰囲気の中、ここでひるむわけにはいきません。

殿から姫へ ブランド胴着です。
3ca592de.jpg


姫から殿へ なんですか?コブリンヤ柔術って・・・
17a935b1.jpg


殿からヨッシーへ イサミオリジナルです。
9838d00d.jpg


連休中日は今年最後の柔術練習会です。
これ着て行ってきます。
c7c53fe2.jpg


殿、ありがとう。

お熱いのがお好き

昨夜はグダグダに酔っ払って「さみしー」を連呼していたO氏を自宅近くまで送り、今朝、ほとんど眠れぬままに白金ハウスでの撮影に直行する。

6600df7c.jpg


c7c4e630.jpg


どうですか?このさわやかさ、品のよさ、すがすがしさ、美しさは・・・

昨夜の悪夢が嘘のようです。
これぞまさにイリュージョンです。

が、しかし、以前にもお話ししましたとおり、限られたバジェットと撮影時間との戦いなんですね。
ここだけの話ですけど、ここ白金ハウスは昭和7年に建てられた立派なお屋敷でして、撮影使用料がちょいとばかしお高うございましてですね、ええ、またいつものように、フォトグラファー竹内氏に1000本ノックを浴びせてしまったのです。
はい、残り30分で3カットの撮影は普段は温厚な竹内氏にも鬼気せまるものがございました。

191d883b.jpg


それにしても、多少の自己満足はお許し願うとして、すばらしい撮影でした!
来春にお届けする、「ファウンドフレス」「アナトリエ」にご期待ください。

c8065f7c.jpg


7aa205fb.jpg



そして、次なる打ち合わせへと気持ちを切り替え、青山方面へ。

私からはブランドの要望を伝え、編集部からはご提案を頂戴するタイアップの打ち合わせだったんですが、この副編集長のご提案が、早い!のです。

頭に思い描いたページ構成をすぐに理論立てて話してくださるそのスピードに、隣のライター、デザイナーの方々がメモするのに必死で、まるで、自分を見ているかのようでした・・・

心の中でエールを送りました。

そして、殿から「代官山で待つ」とのメールが・・・

以前からお世話になっていたN氏が会社を退社なさったとのことで、3人で「お疲れさまでしたの会」をオフィス隣の「海苑」でいたしました。

この時間の私は、低血糖症でぼんやりしておりますゆえ、いつものキレがありません。
なにせ、昨夜の今日ですから。

実は、昨夜もここで同じ「歳歳鍋」を食しましたが、この鍋の力でもって生きているといって過言ではないほど、すぐれた栄養補給源なのです。

N氏は顔からの発汗が止まらず、食後はどこぞの温泉帰りかと思うばかりのツルツルお肌です。

殿は・・・

薬膳スープの内訳(?)を細かく聞き、「土曜に作る」、と、のたまわっております。
薬膳効果で鼻水が横に飛んだ、と、意味不明です。

ともかく暑苦しいほど感動してました。

そして、明日は、年忘れ買い物大会に、この3人で行ってきます。

ではまたご報告します。

本日も長文駄文にお付き合いくださり、ありがとうございました。

何気なく発した言葉の重み

5,6年前のことだろうか、コピーライターのO氏からどうしても紹介したい凄腕のADがいる、とのことでオフィスにお越しいただいた。

ADC賞も受賞されるくらい名実共に日本で有数の才能ある人だ。
作品集も見せていただき、いろんな話もしたのだが、なんだろう、ビビーッと来るものがなかったように思う。
「広告だ・・・」

当時の私はパリコレブランドのプレスを担当していて、広告といえども企業広告とはまったく性質を異にするイメージ広告が主流で、その時のブランドのイメージビジュアルというのが、ありえないほど全身が毛深い裸の男性が抱きかかえる美少女の絵、なのだった。
かなりショッキングなビジュアルだった。

時は過ぎ、今はそのADの方と仕事をご一緒させていただいているのだが、撮影もひと段落したところで、ここらでお互い一緒に仕事してみてどうだったか腹割って話そうぜの会が催されたのです。

「あの時、僕は広告という仕事に心底嫌気が差していて、僕を励まそうとO氏がウラノさんを紹介してくれたんです。そこで、ウラノさんに言われたことがショックで、そこからファッションについて猛勉強したんです。写真も自分で撮るようになりました。今回の仕事はクライアントさまに認められる前にウラノさんを仮想敵として頑張った、いわばリベンジだったのです。満足のいく仕事が出来て、僕のリベンジは終了しました。ありがとうございました。」と。

あのとき私が何を話したのかまったく記憶にないのだが、どうやら、今のファッションフォトはもうここまできている的なことを言ったようだ。
その一言が彼の琴線に触れ、広告表現をある意味見下されたかのように思ったのだろう。
(逆に私のほうは、ファッションを見下されてるように思っていたのかもしれない。)

ここまで来るのに5年かかった、と。
とてもやりやすい環境を作ってくれて、感謝している、とまで・・・

いやはや、申し訳ないと思うと同時に、そこから新しい道が開けて再会が出来たことをとても嬉しくも思います。

隣ではグダグダに酔っ払って「さみしー・・・」を繰り返すO氏が転がってました。

貴方のおかげでこのチームが作れたんです。

しっかし、Oさん、貴方がこんなにおもしろい男とは今まで気づかず、失礼しました!
また飲みに行こうね。てか、あんまり酔っ払うと先帰るけど、ね。

20db4463.jpg


f45b1f26.jpg
Twitter
Photo
  • お久しぶりです。
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
Profile
Category
Archives
New
Crossroads