Crossroads

交差点的視点から

オー!ワラナイト!

90年代初頭、夜な夜なビンボーなアーティストたちと街に繰り出していた。
毎日がパーティーである。

いつ、何のきっかけで会ったのかは記憶の外ではあるが、最初のインパクトが強烈で、たちまち惚れてしまったパーティーガール工藤キキ嬢も、今や35歳というではないかっ!

村上隆氏の紹介で登場したその時の格好というのが、ほとんど裸同然で、おっぱいにパフパフの化粧パフのような飾りをつけ、パフパフなビキニパンツ、ピンクのショートボブウィッグ!SO CUTE!

事のいきさつは忘れてしまったのだが、雑誌ポパイでライターを探していて、大胆にもこのキキ嬢を紹介したことから、彼女のライター業がスタートしたのだ・・・

格好どうりのはじけた文体はポパイでも評判になり、ただ紹介しただけの私にお礼のご連絡を頂戴し、鼻が高かったものだ。

マイナーな人・モノをメジャーシーンとくっつけることを何よりの喜びとする、根っからのPR体質の私である。
これに金銭感覚が備われば鬼に金棒なのだが・・・

今やすっかりライター業が板につき、デザイナーでもありキュレーターのキキ嬢とマユ嬢にも当然のごとく接点があり、いつか一緒に食事したいね、が、現実となり、今日のモレスクは、いつにも増してクリエイティブな夜となったのです。

bc00f21a.jpg


c5a7e6fd.jpg


キキ嬢初モレスクの最初のプレートは

c45399a2.jpg


おいしいものはどんどん食べる、その行為は、すなわちアートである。

ceedfe04.jpg


9dc2ddc8.jpg


2d83c7b8.jpg


突然の山田氏からのプレゼント

f5754e4f.jpg


突然、シェフからのプレゼント

836bc578.jpg


同じうお座生まれで意気投合した山田氏は、私が今日来ることを知って誕生日プレゼントを用意してくれていたのだ!サプライズに大感激です。(ちなみに誕生日は18日・・・故横山やすし師匠と同じが自慢)

私としたことが、今日13日が山田氏の誕生日だということをすっかり忘れており・・・

隣の方に消化にいいお酒とすすめられ

eae5abf5.jpg


山田氏のために乾杯を重ね

2768be5c.jpg


気づくと隣にディランと名乗る男性が現れ

dbd3280c.jpg


ウチラを撮れば手ぶれで

027ab9f9.jpg


自分大好きAB型で

86c0d258.jpg


ここにも

af80ff13.jpg


こんなところにも

fcdc546b.jpg


ナゼおでんナンダ?

b5163cbd.jpg


「もうすぐ50歳」、と言って驚かれるのが楽しい今日この頃。

「こんな歳の取り方がしたい」、とキキ嬢に言われて、内心ガッツポーズの夜。
  • Posted by ウラノ タカコ
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 01:21 | Edit

フシギな力

こんなことが度々起こるのだ。

午後6時にとあるホテルのラウンジで、打ち合わせのアポがあり、そこに出向いた。

まだ到着なさっていないのか、姿が見当たらないので、先に待つことにする。

と、入り口付近に久しぶりにお会いするモデルエージェンシー社長Sさんの姿が。

「うわー、久しぶり。元気?あ、娘なの。」

b39ab3c3.jpg


「あー、ご無沙汰しています。今度改めてゆっくり!」

と、待ち人を待つ。

が、約束の時間になっても現れない待ち人。

で、電話してみる。

「あー、どこですか?私、もう都ホテルに着いてます。」

「えー、明日ですよね?ちなみに僕は、大阪の都ホテルにいますけど。」

えーーーーっ、そうだ、今日は11日。約束は12日だった!

約束を間違えることは皆無のワタクシ。

相手を待たせていないだけまだマシではあるが、ついに約束の日時を間違えるようなボケがやってきたのかと空恐ろしくなった。
(12日のつもりで11日のところにメモしてた・・・)

ホテルの高い紅茶をひとすすりして、入り口付近のくだんの親子にご挨拶して帰ることにしよう。

「私ぃ、明日の約束を間違えて今日来ちまいましたぁ・・・」

「えー、めずらしいこと!まあ、座んなさい。」

仕事のことよりも話題は娘さんの話に・・・

「10日後にオーストラリアに留学するのよ。なんだか寂しくって。ホームステイ先も決まってないのよ。知り合いもいないし、英語も話せないし、不安でね・・・」

「オーストラリアのどちらですか?」

「ブリスベン」

「えっ、私、知り合いがいます。今から電話しましょう!」

結局、ブリスベンの友人に連絡が取れるまでに3時間かかり、なんとか両者をご紹介する橋渡し役は完了できた。

今日は、この人たちに会うためにここへやってきた、いや、呼ばれた、ということだ。

15歳、4年間のオーストラリア留学だ。

未来がピカピカして眩しかった夜。
  • Posted by ウラノ タカコ
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 00:56 | Edit

出会いは~・・・

久々の代官山柔術クラブです。

65cc84ca.jpg


ワタクシ、お腹の具合が芳しくなく、ここでもし練習に励み、最悪の事態になってしまったら、参加メンバーおよび道場に甚大なる被害を及ぼしかねないと判断し、今日は見学といたしました。

もひとり、月ひつじさん、日本人離れした美白顔ですが・・・

18a38f4e.jpg


昨日から体調を崩されたとのこと、なのに、スパーするから、

3323eb13.jpg


こうなってしまい、

準備運動の殿とエノちゃん

e63fe663.jpg


体の硬すぎる殿と柔らかすぎるエノちゃん、どちらも不気味なので、実家へ帰らせていただきます。

自宅近くのスーパーに立ち寄り、駐車場から階段を上る私、駐車場へ階段を下りるあの方は・・・

恋も二度目なら~少しは上手に~愛のメッセージ~伝えたい~♪

高田延彦さま~!!!

何も、言えなくて・・・
  • Posted by ウラノ タカコ
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 21:51 | Edit

ジャンパー

「ボーン・アイデンティティー」「Mr.&Mrs.スミス」のダグ・リーマン監督に、またしてもやられました。

852c7df3.jpg


「どこでもドア~」が欲しい、は、世代を超えた万国共通の夢と憧れなのだ。

「ありえねー」、のハラハラドキドキの連続は、さすがはダグ・リーマン監督の得意とするところである。

いつもながらの天晴れは、めまぐるしく変わるロケ場所!

「ボーン」も「スミス」も、あの場所だからあのシーン、が絶妙なのだ。

映画ってホントにいいですね~。お金、かかりそうですね~。

それにしても、ジャンパー役のヘイデン・クリステンセン、飛んでも跳ねても汚れても、美くしゅうございました。

それよか、「リトル・ダンサー」でビリー役をやっていたあのジェイミー・ベルが、すっかり大人になっちゃってて、ワタクシ、大変感動いたしました。

やんちゃ役ではあるけれど、そこはかとないシャイボーイの香り漂うジェイミー君。

ワタクシ、むしろジェイミー君にハラハラドキドキいたしました。

ということで、これから「リトル・ダンサー」の鑑賞タイムに入ります。
  • Posted by ウラノ タカコ
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 01:26 | Edit

類友

たまに会うならこんな人。

08df7d26.jpg


某ベンチャー企業社長で、一回り下の同じ丑年生まれ。
同じ「照り返しの強い」「エネルギーが強すぎ」系。

ある易学に詳しい人いわく、「丑年生まれが草原を歩けば、草を全て食い荒らされて、何も残らない」と。

「粘り強い」は聞こえはいいが、「重い」「ウザイ」は序の口で、とにかく「強すぎる」ってことだ。

さらに、我ら、類は友を呼ぶ、で、お互いの強さが非常に心地いい、ときている。

しかも、話している内容というのが、イッちゃてる系・あぶない系の、誰も知らないホントの歴史話だったり、量子物理論だったり、言霊の意味、だったりするから、店は選ばなくてはならぬ、で、今日もライステラスなのです。

人から怖がられてしまう強いエネルギーの持ち主同士だからこそ言い合えることは多く、互いの長所は伸ばしあい、短所とされる「つい、なんでも話してしまう多弁癖(?)」「欲望を抑えられないこらえ性のなさ」を戒めあう仲なのである。

いくらエネルギーが強いったって、悩みはあるのよ。

こちらが良かれと思って熱心にやってることが、相手にとっては余計なお世話だったり、こぶし振り上げて突っ走っていたら、誰もついてきていなかったり・・・

お姉さんのワタクシ、弟のようなS氏に、「高圧的な態度を改めよ」、との提言を。
弟からは、「大人気ない」、と苦言を。
それは、己に対して言ってるようなものなのだ。

「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」
  • Posted by ウラノ タカコ
  • Comment(4)
  • TB(0)
  • 02:28 | Edit
Twitter
Photo
  • お久しぶりです。
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
Profile

ウラノ タカコ

TAU co.,ltd.代表
80年代デザイナーズブランドのプレスを経て'90に株式会社タウを設立。最初に手掛けたPRが伝説のクラブ「GOLD」。以降、ファッションブランド、セレクトショップ、カフェ、クラブ等の立ち上げに参画。「衣」「食」「住」「遊」のすべてが融合した終の棲家をプロデュースすることが目下の夢。

Category
Archives
New
Crossroads