Crossroads

交差点的視点から

人を招く

週一度のピラティスレッスン、仲間を集めたちょっとしたホームパーティー、たまに入る自宅の取材、友人・・・誰かを部屋に招き入れることは、自慢の部屋をさらにきれいに整理整頓できてとても嬉しく思っています。

本日も午前中にレッスンを受け、筋肉痛で太ももをぷるぷる震わせながら、午後の取材に備えて後片付けやらオーダーしておいたお花屋さんが到着したりで、身支度する前から汗だくでした。

片づけを始めたら、あーでもない、こーでもないとコーディネートのやり直し、いつまでやってんの!と一人ツッコミしていたら、ぴーんぽーん、と鳴り、取材の方々が到着なさいました。

シャワーを浴びる時間もなく、汗臭放ちながらインタビューに答える説得力なしの状況を、得意のウラノ節炸裂の弾丸トークで完全にこちらのペースに持っていくことができました。(の、はずですが。)

取材でもないと、滅多にオーダーしないフラワーアレンジメントを記録しておくことにします。

0ff0c791.jpg


先週末に冷やかしに寄ったアクアガール代官山で、調子づいてMARNIのファーコート、オーダーしてしまいました・・・

b3bb3802.jpg


相変わらずの買い物中毒ぶりを、「ブログ見たよ。また買ったでしょ!節約宣言、破ったよね!」、のご指摘を受けるべくご報告いたします。

さて、いろいろ衝撃的なニュースが駆け巡った一週間でしたが、当然書きたいことは山ほどあります。

その中でも「孤独死」という表現に、かなり敏感に反応した自分がいたので少しばかり書いてみます。

誰だって自分の死の状況を予測することは不可能に等しく、いくら家族、友人らに見守られて逝きたいと願ったところで、はたして思いどおりに行くかどうかは、やはり、期待薄と思っているほうが精神的に楽なのでは、と思っています。

この頃しみじみ思うのは、死の演出は想定通りにはいかないものなのかな、ということ。

ひとりで暮らしていくことを決心した人たちは、それなりの覚悟を持って生きているはずだし、たとえ家族と暮らしている人たちだって、逝くときはひとり、の認識を持っているはずで、少なくとも私の周りの友人たちはほとんどが、そうです。

確かに、自分の身の上に緊急事態が発生し、誰もいない自宅で倒れてそのまま意識が遠のいていく、といったことを想像するだに恐ろしいが、それでもそれはそれで仕方がないことかなと、その状況をシュミレーションして心の準備をしているこの頃なのです。

誰もそばにいないところで旅立つとき、それを人は「孤独な死」と言う。

はたして、そうなのかな?

旅立つ人は孤独を感じてなんかいないんじゃないのかな?

残された人の喪失感が、死を孤独と感じているだけなんじゃないのかな?

生意気ですが、そんなふうに感じたんです。

ひとつ気になるところと言えば、私の数々の高価な戦利品は誰の手元に渡るのか、ということ。

財産なんかないけれど、私が愛した身の回りの品々を、そろそろ誰に譲渡するかを書いておこう、などと、孤独死の先を考えてみました。

オーダーしたファーコートの行き先を想像していると、本当に私が好きな人は誰なのかがわかるのです。

そして、意外と友達って少ないことに気づくのです。
  • Posted by ウラノ タカコ
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 23:41 | Edit

恋もファッションも出会い頭

7時からのアポの前にモトヤで一休みと表に出れば、携帯で話している女性が私の腕をつかんだので、ギィと睨んでやったらその相手は、スタイリストのブッチーだった。

腕をつかんだまま電話で打ち合わせ中のブッチーに、「ちょっとー、ブッチーじゃな~い!なんだかいつも出会い頭に会うよね~。これってご縁よね~。」、と、「言うよね~」風に話しかけてみたら、少し困っていた。

軽く立ち話した後、ブッチーは代官山駅へ、私はモトヤでマルちゃんをからかいつつアイスカフェモカを飲んでいた。と、そこへ、ネコまっしぐらにブッチーが戻ってきて、「隊長、アンの展示会行きませんか?さっき行った展示会場の目の前だったのに行くのをすっかり忘れていて、隊長誘って行こうかなと思って戻ってきたんですよ。」

「何アン?」、「つぶあん」か「こしあん」かみたいだなと思いつつも聞いてみたら、

「アン・ドゥムールメスター」って言うから、「あ、行く!めちゃくちゃ好きなブランド!行く!」

「隊長を誘うって、私、えらくないですか?」

「えらいぞ、ブッチー!すぐ行こう!」

で、着いてみたら、

e3e74a79.jpg


A.F.ヴァンデボーストの来春プリコレクション展示会だった。

「ブッチー、でかした!ヴァンデボーストも実は大好きなの。」

Pred PRの方々とのご挨拶を簡単に済ませ、早速戦闘態勢の様相を呈してきた私に、会場内の空気が一変したのだった。

「あ、コレ決まりで、コレも、あ、アレも、コレも、お願いしま~す。」

「た、隊長、大丈夫すか?」

「ブッチー、いいこと、恋もファッションも出会い頭よ。スパークよ。」

・・・大爆笑だったのである。

「追加でコレもよろしくで~す。あ、ブッチー、あーたも買いなさ~い。同じの。」

ブーツ2足は、おそろいです!(微妙に違うデザインです。2足とも、予約しました!)

041b703e.jpg


クールに検討中のブッチーとPredPRの小林さん

a5d94400.jpg


矢継ぎ早にオーダーするハイテンションの私のリクエストに淡々と応えるPredPRのオードさん

d2ec6162.jpg


オードさんは、アクアガールのモロッコロケでお世話になったフォトグラファータカオさんの奥様で、とってもチャーミングな方。

終始なごやか、いや、うるさくて周りにご迷惑だったかと少々反省しておりますが、初対面とは思えぬ居心地のよさに、思わずポロリ出た言葉は、「今度、ウチに遊びに来ません?」

それは、デートのお誘い文句だった・・・

それにしても、恋もファッションもどれだけ女性を元気にさせてくれるのかを改めて再認識しましたよ。

女性が元気だと、この国は元気になる。女性が美しくなると、この国は美しくなる。

ある神学者がおっしゃっていました。

「大和」は元来「女」という意味があるのだと。

女性たちよ、恋にファッションにハッピーに行きましょう~!

12月の商品到着前に貯金だわ。仕事に精を出しますよ、ええ。
あっしは、恋より仕事ですよ、ええ。
  • Posted by ウラノ タカコ
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 01:40 | Edit

ガン呪縛

以前ほど外出しなくなったおかげでテレビを観るようになったはいいが、はっきり言って全然面白くないしまったくもって知的好奇心を刺激されないので・・・

取り付けましたよ、BSアンテナ!

もっぱら観るのは海外ドラマか映画、ドキュメンタリーばかりだが、ドラマの合間にたまたま観たのが「女性外来」という番組で、「大腸ガン」を取り上げていた。

女性のガン死亡率一位が「大腸ガン」だった。

母をその大腸ガンで亡くしている私は、ガンすなわち大腸ガンであって、母の闘病の記憶から、私もいつかああやって苦しんでいくのだろう、という呪縛にとらわれている。

実際番組内でも、大腸ガンになりやすいリスクとして、直系親族にいる、を挙げていた。

さらに母の看病のストレスで、父までもが同じ大腸ガンになってしまったのだ。

母のガンが再発して、人工肛門をつけることになったとき、涙ながらに「私はもう人間ではなくなってしまった」、の言葉が忘れられないでいる。母は、死ぬまで、女性としての誇りを持ち続けていた。だから、決して自分がガンに侵されていることを話さなかったし、私たち家族以外見舞いにも来させなかった。最期は、自宅で私たち家族だけに見守られて、静かに息を引き取った。

そんなこともあってガンに非常に敏感な私だが、そのくせガンに無頓着な生活を送っている。

不規則な食生活、不規則な睡眠時間、車通勤による運動不足、ネクラな性格・・・ガン一直線だ。

それでいて、苦しみ続けた母を見ているだけに、苦痛を伴うガン治療は絶対嫌だ!と思っている。

そんな折に知人から紹介された「ガン呪縛を解く」は、固定概念を根底から覆す衝撃的な内容だった。

15671c59.jpg


著者の稲田芳弘さんは大学在学中からライター活動をなさっており、そのときに出会った「千島学説」をご自身がガン宣告(しかも乳ガン)されたことをきっかけに、この「千島学説」に沿ってガンの治癒を行い、身をもって学説の正しさを立証し本にまとめられたものである。

千島博士が1977年に書き記した言葉というのが、

「現代医学の医療ミス、医薬公害、医療荒廃や環境汚染をこのまま放置すれば、ガンをはじめ慢性的難病、奇病、医原病などがますます増加して、国民は間違った現代医学と医療の犠牲となり、一億国民の生命や健康が危機を迎えることは必至です。
医学関係者、健康指導者、健康に関心を持つ人々、病気に悩む方々は、ぜひ医学迷信、薬迷信などの洗脳から解放され、コペルニクス的革新の説といわれる千島理論を実生活に応用してください。
きっと医者や薬に頼らず、自分の健康は自分で守る知恵が体得でき、病気が自然治癒することを実証できるでしょう。」

これを発表すれば、医学会等から叩かれるのは、素人の私にだって容易に想像できる。

千島博士の革新的理論は、「血は腸で造られる」というもので、現代医学の「骨髄造血説」とはまったく違った説を打ち出している。

ガンという名の慢性炎症は、体の一定部位に血液が集中、うっ滞して起こるものであり、そしてガン細胞もまた、病的な赤血球が「炎症」という治癒反応のプロセスの中で異常分化したものにほかならない、と。

ガン治癒で大事なことは、ガン細胞を徹底的に殺し尽くそうとするのではなく、「身体の奥に潜んだ何か=毒素、血液の汚れ」を外に排泄してしまうことである。そしてそのために不可欠なのが、「気血動の調和」を取り戻すことなのである。

東洋医学や古代医学では、「気=呼吸法&エネルギーの流れ」「血=食養法」「動=運動」が健康の根本原則として位置づけてきた。

さらに、もう一冊。

0fb83c75.jpg


ある植物発酵食品を摂りはじめて一ヶ月、身体に好転反応が現れだした。

発疹が身体のいたるところに現れたのである。

新谷先生は、「健康な人の胃腸は美しく、不健康な人の胃腸は美しくない」、と。
そして、「私たちの身体は、日々の食事の積み重ねであるということです」、と。
きれいな腸であることが健康の基本、そしてたとえガン患者であっても、食べ物さえ変えればガンの再発がほぼゼロになる・・・

なぜなら、腸で血が造られ、血が健康になればガンも消えたり無力化してしまうからだ、と。

母に教えてあげられなかったのは、残念で仕方がないが、「あなたが同じ経験をしないように」と、母が教えてくれたことなのかもしれないと、この本との出会いをそう受け取っている。

先ほど観た番組内で気になった点を女性の皆さんにお伝えしておく。

◇ 便秘は大腸ガンの症状のひとつ
◇ 出血があっても女性は血に慣れているから、放っておく人が多い
◇ 病院に行くのが恥ずかしいと言って行かない人が多い
◇ 生活習慣を見直し、過度な飲酒は控え、肥満に注意、適度な運動を心がけること

現代医学のレールに乗ることだけが治療じゃないのだから、どうか、早め早めに行動して欲しい。

私も、早め早めに、玄米食に、マクロビオティックに、変えて、みる、か。
  • Posted by ウラノ タカコ
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 00:27 | Edit

時には贅沢を

カテゴリーをたくさん用意したわりには、いつも「つれづれ」ブログになっています。

カテゴライズしにくいことばっかり書いているってことですね。

そんな日記ですが、つきあってくれますか?

コメントできなくなったのは、正体不明の不快なコメントが自動的に入ってくるようになったから。

そんな日記ですが、心の中でリアクションしてくれますか?

昨夜はこんな贅沢させていただいちゃって、ごめんなさい。嫌味のように受け取らないでくださいね。

ある会食会にお呼ばれして、「ウラノさん、何がいいですか?」、と聞かれたものですから、「明日の朝、鏡見てびっくりするくらいお肌がプリプリになるお料理、お願いしますわ。」、とお応えいたしました。

前菜、なんだか贅沢な盛り合わせです。

2830820d.jpg


定番ですね。ふかひれの姿煮。

05238fd8.jpg


あわびとゴマソースのコラボですか。

382cd7b8.jpg


燕の巣のスープです。蟹肉入りです。この際なんでも入れてください。

680c48fa.jpg


バブル崩壊からすでに15年以上が経ち、ようやく普通に高級食材が似合う年齢になってきました。

ご馳走されておきながらこう言うのもなんですが、それでもやっぱり、酢豚の方が好き。

・・・失礼しました。

それと、もうひとつ、超贅沢とはこのことですね。

697f0b2f.jpg


やっぱり、退屈より刺激的な人生が好き。

カッコイイ本物の大人が好き。

一生懸命が好き。

ライブが好き。

そんなこんなを確信させられた、ゴージャスな一夜でした。
  • Posted by ウラノ タカコ
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 23:17 | Edit
Twitter
Photo
  • お久しぶりです。
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
Profile

ウラノ タカコ

TAU co.,ltd.代表
80年代デザイナーズブランドのプレスを経て'90に株式会社タウを設立。最初に手掛けたPRが伝説のクラブ「GOLD」。以降、ファッションブランド、セレクトショップ、カフェ、クラブ等の立ち上げに参画。「衣」「食」「住」「遊」のすべてが融合した終の棲家をプロデュースすることが目下の夢。

Category
Archives
New
Crossroads