Crossroads

交差点的視点から

めまぐるしい

めまぐるしい、とタイトルに書いていたら、これで合っているのかどうかわからなくなってきた。

めま苦しい?

広辞苑で調べたら、目まぐるしい:目の前をいろいろなものが次から次へと通りすぎて、目のまわるような感じである。とある。

目まぐるしい一週間だったように思う。というほど、一週間前の記憶が薄れているのは、もちろん老化に伴う記憶のキャパオーバーのせいであるが、考え方の急激な変化を己に課した、いや、課さざるを得なかったせいでもあると認識しているのだが。

ある人と頻繁に会うようになったある日、彼女が手にしていた本は、誕生日からその人の一生を占う本で、相性占いもできるものだった。

38e50984.jpg


彼女と私の相性は、「カルマ」と呼ばれる強力な関係性だと言う。

前世からのつながりがあって、お互い鏡を見るかのような関係である、と。

つまり相手の中に自分が映し出されるというわけで、自分を愛していなければ相手を愛せないというものだろうと理解した。

自分を愛する。

このことは、案外難しいことであって、自己陶酔であるナルシシズムとはまったく次元が違うのである。

前にも書いた、インナーチャイルドの声に耳を傾ける、と近いように思えるこのことは、私がもっとも苦手としていることであって、カルマの相性である彼女を目の前にして、まずはこの人を愛することから始めてみようと思った次第である。

そう意識的に行動していたら、怖いくらいにスムーズに、何のストレスも何の障害もなく事が進んで行くのである。
一緒に企画したイベントがポンポン決まり、会いたい人にすぐ会え、行きたいところにすぐ行ける。
二人ともせっかちで、考える前に即行動。要は、そっくりなのだ。だからストレスがないのだ。カルマなのだ。そういうことなのだ。

雲ひとつない晴天のある日、これまたサイキックな友が我が家を訪れてくれた。

目的は、土地と部屋のエネルギー調整ということなのだが、マンションあたりに近づいてくると、ゴホゴホと咳き込んでいる。彼が咳き込むのはあまりいい兆候ではなく、嫌な予感がした。

何時間もかけて調整してもらい、調整後の今や前とは比べ物にならないくらい安定したエネルギーに包まれている。ような気がするから不思議。

どのように調整したかは長くなるので割愛するが、前にもお伝えしたように、代官山の城主(だったらしい)の私は、この城で弓矢で頭を射抜かれて死んだのだ。(らしい)

その時の記憶や土地自体の記憶などをクリーニングしていただいていると、部屋の中でかつて聞いたことのない、「パキッ」という乾いた木の枝が折れたような音が何回もした。

「あ~、今、出て行ったね。」

何が?

全身総毛立ちつつ、信じるものは救われる、を信じて心の中で、「ありがとう。愛してます。」を繰り返す。

空にはきれいな夕焼けと

6f983bd6.jpg


大きな満月が

5177fb1d.jpg


「やっと気づいてくれたんだね。」と言っているみたいでなんだか嬉しかった。

カルマな相性の彼女と大阪へ打ち合わせに行く。

大阪出身の彼女は、焼肉にはちとうるさい。

焼肉の聖地鶴橋にある、

84d249d7.jpg


どんな店?

f530a425.jpg


こんな店でしか食べられない体質に変わった日。焼肉だけのために大阪出張を入れようと決意した夜だった。

東京に戻った夜、インテリアデザイナーM君と久々の会食に六本木「HONMURA AN」へ行く。

ニューヨークにあった手打蕎麦屋さんが、東京へ戻ってらしたのだ。

数年前、ちょっと心に傷を負った経験があって、それ以来そのことを思い出すような人・場所を遠ざけていたのだが、その人にばったり会ってしまった。

5年ぶりに再会したのだが、意外にも私はいたって冷静沈着でむしろ優しい笑顔を引きつることなく出来ていたと思う。心のかさぶたがポロリと落ちた。

5160c52b.jpg


もう避けて通らなくていいんだ。

もうこんな風に武装しなくていいんだ。

10ad5d4d.jpg


けど、むしろこんな男がいたらきっと好きになる、あたし。

なんだかんだと I LOVE ME.
  • Posted by ウラノ タカコ
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 01:07 | Edit

I LOVE YOU

Y嬢のバースデーを祝うためにモレスクに行く。

bafd4a00.jpg


この絵を撮るのに何回ダメ出しをしたことだろう。立ち位置が悪いだの顔が変だの照明が暗いだの・・・

0d95d18f.jpg


主役の目が開いてないが、何もそれほど真剣になる必要もないので、これでよしとする。

だが、これで終わるような店ではないのだ。

43dcca0d.jpg


「ちょっとぉ、つけて見せてよ~!」

5162a42d.jpg


「出た。マグマ大使!」 こんなだったか?むしろお灸のカップだろ。

しょうもない悪ふざけにつきあってくれるセクシーさが枯渇し始めた、あなたたちが大好きだ。

I LOVE YOU.

「THIS IS IT」で、マイケルが発し続けていた言葉は、

I LOVE YOU.

これからもずっと、枯れてもずっと、

I LOVE YOU.
  • Posted by ウラノ タカコ
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 22:56 | Edit

頭痛パート2

昨日からの頭痛がまだ治まらず今日の約束を断ろうとしていたのだけれど、サイキックな友人に会うのを知って誰かが邪魔をするための頭痛なのかもしれないと察知し、雨の中友人と待ち合わせした。

友人はタクシーに遠くで降ろされ、私は頭痛と耳鳴りがひどく、やはり何者かに邪魔されていること間違いなしとみた。

予約したレストランに行くにも、妙ちくりんな運転をする車に邪魔され、歩き出せば足元がすべり、踏んだり蹴ったりな日曜の夜である。

やはりそうだった。

「姉さん、頭に矢がささってるよ。代官山の城主だった頃、それで死んだんだね。」

「・・・?」

「何が欲しい?」

「LOVEが欲しい。」

「ん!つながった!」

こんな意味不明な会話をレストランでしていた。

奇妙なことだが、いつのまにか頭痛が治り、リクエストしたわけでもないのに、まるで祝福されているかのように、JACKSONS 5の「I'll be there」が流れ始めた。両手を揺らし歌った。周りの人たちは、おもむろに目をそむけた。まるで、そこに私たちが存在していないかのように。。。

邪魔をしていた何者かは、私の中の城主だったのだ。(らしい。)

頭痛の原因は、城主の怒りの破片だったのだ。(そうだ。)

「もう頑張らなくていいから。十分やってきたんだから、大丈夫。これからは、自分を癒してあげてね、姉さん。」

「前みたいに戦うことはなくなったよ。今、すごく楽しいし、有意義な時間が過ごせてると思う。キミに感謝するよ。」、とまるで城主の名残なのか、男のように話す私だった。

「それでも姉さんが本当にやりたいことは、仕事をしなくなったときにわかるのかもしれないね。」

「そうだと思う。仕事でイライラして、時々いたずらっ子気質が顔を出すことがあるしね。」

ae84e4c2.jpg


同じ目をしたスワロフスキーのエルビス君キーホルダーを買った。

可愛い目をしたエリカちゃんキーホルダーが私の元へやってくるのは、いつなんだろう?
  • Posted by ウラノ タカコ
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 23:27 | Edit

それが、これ。

流れに身を任せていたら、気がつくともう11月になっていた。

いつかは、こんなに早く過ぎ去る時間にブレーキをかけなくてはならないタイミングが来るのだろう、と思う。

自然の流れの中で、突然、時間の流れを変える時が来るのだと、思う。

髪の色を変えた。

06faaed4.jpg


ほんの2、3ヶ月前は黒髪だったのに、急にブロンドにしたくなり、そして、ピンク系に転がしたくなり、内側の髪はバリカンで刈り上がっている。

若い頃には勇気がなくて出来なかったことをやれている。
腹筋を鍛えて、へそピアスをしたいとさえ思っている。

2、3ヵ月後には、そんなことも忘れて黒髪に戻しているかもしれないけれど、それはそれで私の中の自然な流れなのだから仕方がない。

チェンジの時は、はたからすればある日突然のように見えて、実はちゃんと伏線は張ってあってシナリオどおりに進んでいたりするのだから。

マイケル・ジャクソン 最後のリハーサルを収めた「THIS IS IT」を観た。

最初から最後まで涙が流れ続けた。

頭がひどく痛い。

どうしようもない悲しみを抑えていたら、本当に頭が割れそうに痛くなった。

時間の流れを突然変えたのは、マイケル本人ではないような気がして。

0579fd6d.jpg


そんなふうに考えちゃいけないのだろうけど、やっぱりあまりにも突然で、あまりにも悲しすぎる。

だって、完璧だもの。

それとも、完璧だからなのかな?

天と、時間を止める約束を、ずっと前からしてあったのかもしれない。

いや、あの完璧な姿が目に焼きついてしまって、それでもまだ納得できない私がいて、頭痛がさらにひどくなってきた。
  • Posted by ウラノ タカコ
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 01:12 | Edit
Twitter
Photo
  • お久しぶりです。
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
Profile

ウラノ タカコ

TAU co.,ltd.代表
80年代デザイナーズブランドのプレスを経て'90に株式会社タウを設立。最初に手掛けたPRが伝説のクラブ「GOLD」。以降、ファッションブランド、セレクトショップ、カフェ、クラブ等の立ち上げに参画。「衣」「食」「住」「遊」のすべてが融合した終の棲家をプロデュースすることが目下の夢。

Category
Archives
New
Crossroads