Crossroads

交差点的視点から

お久しぶりです。

勇気を振り絞ってマイページを開いてみたら、こんないい加減なブログでも訪れる方々がいて大変恐縮しております。

このところの忙しさに加え体調が芳しくなく、ついでに現実逃避願望がふつふつと湧きあがり、負のスパイラルに陥ってしまいそうな心持を必死で食い止めていたのは、能天気なことをつぶやくことだけでした。

いろんな方々のお元気そうなつぶやきに嫉妬したり、励まされたり、アッペンダウンの日々。

今回は、病気というより、ぎっくり腰でまさに動けない状態だったので、普段暴走しがちな体をかろうじて止めることができたというのが本当です。

こうして、上からのメッセージで立ち止まらせてくれるのですから、ある意味私はとても幸運な人間だとも言えます。

それにしても、いい歳してまだどのくらいキャパ(限界)を超えようとしているのか自分でも定かではないのですが、次から次へと無理難題が降りかかるものですね。

ですが、正直言って、このところのストレスは、チームの責任感のようなモチベーションの持ちようにあまりにも温度差がありすぎて、なんだか孤軍奮闘しているむなしさのようなものを自覚したから。

バレー部出身的に言えば、レシーブもトスもアタックも一人でやっているけど、別に評価されない、みたいな。。。むしろ、何ガンバっちゃってんの?みたいな。。。

でも、ここにボールが向かってきたら、レシーブするのが反射神経で、訓練してきたからトスも上げられる、負けず嫌いだから攻撃もする。

何かいけなくて?

そんな風にして、ネガティブな感情を押しのけてきたところです。

私のぎっくり腰は、ネガティブな気持ちが現実化しただけだったのです。

気持ちの整理がついたからなのか、多忙な期間を無事乗り越えられたからなのかはわかりませんが、今じゃ、7月5日のぎっくり腰の痛みはほとんどありません。

人は、あらかじめ必要とされている、愛されている、と思い込まなくちゃ、何もできなくなってしまいます。

だから、目の前の相手に対しても、あらかじめあなたを必要としている、とムリクリにでもそう思って接しています。

ムカっ腹の立つ相手だって、必要な存在。

それを企画に活かさなくてどうする、私。

ということで、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ちゃぶ台ひっくり返しサービス付ディスコ開店計画中なのです(笑)

先日、あるクラブで、女将候補をスカウトしてきました。

こうして、妄想の具現化に、心新たに取り組む所存でございます。

resize1808

健全な破壊衝動を発散できる場の提供を。


Twitter
Photo
  • お久しぶりです。
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
Profile
Category
Archives
New
Crossroads