Crossroads

交差点的視点から

何気なく発した言葉の重み

5,6年前のことだろうか、コピーライターのO氏からどうしても紹介したい凄腕のADがいる、とのことでオフィスにお越しいただいた。

ADC賞も受賞されるくらい名実共に日本で有数の才能ある人だ。
作品集も見せていただき、いろんな話もしたのだが、なんだろう、ビビーッと来るものがなかったように思う。
「広告だ・・・」

当時の私はパリコレブランドのプレスを担当していて、広告といえども企業広告とはまったく性質を異にするイメージ広告が主流で、その時のブランドのイメージビジュアルというのが、ありえないほど全身が毛深い裸の男性が抱きかかえる美少女の絵、なのだった。
かなりショッキングなビジュアルだった。

時は過ぎ、今はそのADの方と仕事をご一緒させていただいているのだが、撮影もひと段落したところで、ここらでお互い一緒に仕事してみてどうだったか腹割って話そうぜの会が催されたのです。

「あの時、僕は広告という仕事に心底嫌気が差していて、僕を励まそうとO氏がウラノさんを紹介してくれたんです。そこで、ウラノさんに言われたことがショックで、そこからファッションについて猛勉強したんです。写真も自分で撮るようになりました。今回の仕事はクライアントさまに認められる前にウラノさんを仮想敵として頑張った、いわばリベンジだったのです。満足のいく仕事が出来て、僕のリベンジは終了しました。ありがとうございました。」と。

あのとき私が何を話したのかまったく記憶にないのだが、どうやら、今のファッションフォトはもうここまできている的なことを言ったようだ。
その一言が彼の琴線に触れ、広告表現をある意味見下されたかのように思ったのだろう。
(逆に私のほうは、ファッションを見下されてるように思っていたのかもしれない。)

ここまで来るのに5年かかった、と。
とてもやりやすい環境を作ってくれて、感謝している、とまで・・・

いやはや、申し訳ないと思うと同時に、そこから新しい道が開けて再会が出来たことをとても嬉しくも思います。

隣ではグダグダに酔っ払って「さみしー・・・」を繰り返すO氏が転がってました。

貴方のおかげでこのチームが作れたんです。

しっかし、Oさん、貴方がこんなにおもしろい男とは今まで気づかず、失礼しました!
また飲みに行こうね。てか、あんまり酔っ払うと先帰るけど、ね。

20db4463.jpg


f45b1f26.jpg

Trackback

Comment

O氏 | December 20, 2007 10:46
ちょっと、オレ、ハゲてんじゃね?
さみしー。
| December 20, 2007 22:56
あっしは今日は寝ずの撮影でしたがな・・・
ま、おもしろかったから、許す!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter
Photo
  • お久しぶりです。
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
Profile

ウラノ タカコ

TAU co.,ltd.代表
80年代デザイナーズブランドのプレスを経て'90に株式会社タウを設立。最初に手掛けたPRが伝説のクラブ「GOLD」。以降、ファッションブランド、セレクトショップ、カフェ、クラブ等の立ち上げに参画。「衣」「食」「住」「遊」のすべてが融合した終の棲家をプロデュースすることが目下の夢。

Category
Archives
New
Crossroads