Crossroads

交差点的視点から

女性とファッション

アクアガール来春夏キャンペーンの撮影打ち合わせに、青山Nid Cafeで、ブッチーことスタイリスト竹淵嬢を待つ。

6cd70801.jpg


日曜にパリに入り翌早朝マラケシュ入りする予定である。
当方、初モロッコである。
実は一年ほど前からマユ嬢と、いつかモロッコロケしたいね、と二人で企画していたのだ。

来春夏は、

水面に輝く日の光・・・
大地を踏みしめたときに感じる温もりや匂い・・・
人も自然の一部だと気付かされるピュアなエネルギーを感じ
幼い頃の無限に広がるイマジネーションを思い出す
時代や地域も越えたプリミティブな美しさを表現したい


となれば、モロッコしかない!

ここからの企画・立案が私たちの仕事で、連日深夜パリコーディネーターとのやり取りが続いている。

話を戻そう。

ブッチーとは、さほどべったりな仲ではないが、(べったりな仲の友人は皆無だが)、やけにウマが合う。
大胆さと繊細さが同居していて、かつ、カワイイところがそっくりだ!?

あるプレゼン資料探しのためにぺらぺらページをめくっていた今月号エル誌に、な、なんと、先日わが家にやって来たばかりのベンチが見開きでどーんと載っていた。
う、美しいぞ、わが子、いや、ビジュアル!

クレジットを見れば、スタイリストはブッチーではないかっ。

Nid Cafeに到着したブッチー、「最近GLOBEで見かけないなと思ったら、そうだったんですねー。ウケルー。」

美しいページです。是非、ご覧あれ。

撮影の打ち合わせをして展示会場に向かう。

81dbbb4c.jpg


美しい・・・

アクアガールディレクター笠原嬢のセレクトには、いつもため息が出る。
時代の流れを肌で感じ、感性と経験値でブランドミックスさせ完成させる品あるフェミニンなアクアガールスタイルは、どんなときも決してぶれることがない。

83e4bb5e.jpg


早速、ブッチーを中心にしてスタイリングを組んでいく。

5c1a3bf2.jpg


スタッフが思いもよらなかったコーディネートを次々に組んでいってくれる。

まるで魔法のようだ。

つかず離れずみんなの調整にあたる私。

すんなりと事が進行し、まさに魔法使いだ。(ん?)

産休に入ったキョーコがプレス担当していたアナトリエの展示会に寄る。

「キョーコが大変お世話になりました。みなさんのおかげでキョーコも成長できました。ありがとうございました。」

f116a0d6.jpg


癒しのコーディネートを見ていたら、泣けてきた。

マネージャー岸嬢と、二人で泣いた。

私たちが泣いてるのを見て、隣に立っていた熊谷嬢も泣いていた。

女性とファッションと癒しと強さ。

こんな時代だからこそ、女性にファッションは必要だと思うのだ。

地味にしていちゃダメダメ。

女性は華やかさ担当なのだから。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter
Photo
  • お久しぶりです。
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
Profile

ウラノ タカコ

TAU co.,ltd.代表
80年代デザイナーズブランドのプレスを経て'90に株式会社タウを設立。最初に手掛けたPRが伝説のクラブ「GOLD」。以降、ファッションブランド、セレクトショップ、カフェ、クラブ等の立ち上げに参画。「衣」「食」「住」「遊」のすべてが融合した終の棲家をプロデュースすることが目下の夢。

Category
Archives
New
Crossroads