Crossroads

交差点的視点から

れんこん女

「タカコさんに紹介したい女性がいるのよ。きっと気が合うはず。」、と言って紹介された32歳独身女性は、決して想像どおりのサバサバした女性ではなかった。

むしろ、何かに怯えているふうであり、何かを聞いて欲しいふうでもあり、嫌な予感がしたのだが、「オーラは口ほどに物を言う」のであって、切り込み隊長の私は、初対面の女性に向かってこう言い放った。

「つきあってる男が悪いわね。残念ながら、ナルシストで心の貧しい人のようだわね。ダメだこりゃ!」

繰り返すが、初対面である。

「なんでわかるんですかぁ?」、と泣き出してしまった。

「勘弁してよ~。泣くほど苦しいなら別れちまいなよ~。あ~、気持ちわりい。」

「わたしって物心ついてから彼氏がいないなんてこと、一度もないんです。今別れてもすぐに付き合いたい人がいないんですよぉ。寂しいじゃないですかぁ。とりあえず海に行ってから別れようかと思って・・・」

「はあ?ボーナスもらってから会社辞めるみたいなこと言ってんじゃないの。大体さ、彼氏がいない女は寂しい女だと思われたくないから、キープしてるだけなんでしょう?本気で好きなんじゃないんでしょう?オエ~、気持ちわりい。」

「だって、他に私のことを束縛してくれる人、いないんですよぅ。」

「束縛?全身痒くなってきた。Y子から変なもの飛んできた!勘弁して~!」

「えええ?私のせいですかぁ?ひど~い!」

「Y子よ、キミを今日から蓮根女に任命する。ずーっと沼地に根っこ張っとけ!」

7f465c8f.jpg


Y子のことを、うなぎを食しながら、考えた。

ロビン・ノーウッド著「愛しすぎる女たち」に自分を発見し、壁に本を叩きつけたあの頃の私を、Y子に見た。

「愛しすぎる中毒」から立ち直った自分を祝福する、と、同時に、長いトンネルから自力で脱出できるようにY子を温かく見守ろうと思う。が、沼地に入ってまで引っ張り上げようとは、思わないのであった。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter
Photo
  • お久しぶりです。
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
Profile

ウラノ タカコ

TAU co.,ltd.代表
80年代デザイナーズブランドのプレスを経て'90に株式会社タウを設立。最初に手掛けたPRが伝説のクラブ「GOLD」。以降、ファッションブランド、セレクトショップ、カフェ、クラブ等の立ち上げに参画。「衣」「食」「住」「遊」のすべてが融合した終の棲家をプロデュースすることが目下の夢。

Category
Archives
New
Crossroads