Crossroads

交差点的視点から

お盆に想う その参

16日

二年半ぶりに会うマサは、なんだか男らしく見えた。

「ねえさん、大変だったね~。大丈夫ぅ?」

「実家で眠れないわ、東尋坊に行くわで苦しかったぁ・・・」

「ああ、それでか!ご先祖様以外のものまで現れたから、何だぁ?と不思議だったんだけど、もう切っておいたから大丈夫。」

「はい???」

「ご先祖様は、ねえさんを墓守にさせたいみたい。でも、それはもう受け止めなくていいから。
心の中で、もう戦いの人生は終わり、と言ってあげて。あと、魂の行き場を失ったものたちがついてきてるけど、これも、私には無理、とはっきり言って!」

「はあ???」

なんだかわかったような、わからないような、もやもやしたものを引きずったまま、タイムリミットが来て撮影スタジオへと向かう。

f7544cf1.jpg


今年15周年を迎えるファッション企業のキャンペーン撮影を速攻終わらせ、ダッシュで自宅に戻り、ヒ~ヒ~言いながら筋トレし、涎たらしながら「しゃぶ玄」へと向かう。

a9ec6e5a.jpg


マサの言ったことを理解しようにもさっぱりわからず悶々としている間に、スコンと眠りに落ちた。

17日

「今日の予約がキャンセルになって時間が出来たから、これから代官山に行きま~す。」

マサが、自身が撮った写真を持ってオフィスに来てくれた。

76f58635.jpg


「エジプト、クフ王のエネルギーを鹿島神社でキャッチしてしまったの。」

「ひい???」

「ねえさん、好きだと思って持ってきた。」

「はい、好きです。そんなあなたが大好きです。」

代官山でヒーリングをしているK子さんも呼んで、一緒に「トラットリア サルサ・マーレ」へ。

af3e9ca6.jpg


「ねえさんと初めて会った6年前は、戦国武将みたいに鎧兜つけて、ほんと怖かった。誰構わず戦いを挑んでいたよね。裏方の仕事でいいと言いながら、どでかいオーラで圧倒してたから、そのギャップにみんなびっくりしてたんだよ。でも、よくここまで努力して、がんばったね~。もう表舞台に立っていいんだから。もうそのタイミングが来てるから。」

なんだか、目頭が熱くなった。

「いろいろ闘いも挑んだけど、ものすごーく懺悔もしてきたよね。ねえさん、過去の償いはもういいよ。
卒業してください。これからは、自分の幸せのために努力してね。実家のことも、背負わなくていいから、ね。」

なんだか、泣けてきた。

「それと、半径5メートルにも広がってるオーラを、せめて1メートルぐらいに小さくしないと、いろんなものを引っ掛けて来るから、気をつけて。ねえさんに必要なアロマオイルを作るから、この中から選んで。」

476e3268.jpg


ビビビーっときた香りをチョイスして、マサにブレンドしてもらったこのエッセンシャルオイルは、私の大事な気つけ薬となった。

香りを嗅いでいたら、頑張りすぎてがちがちに凝った肩がすこーし柔らかくほぐれていった。

みんな孤独なんかじゃ、ないんだよ。そう、語りかけてるようだった。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter
Photo
  • お久しぶりです。
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
Profile

ウラノ タカコ

TAU co.,ltd.代表
80年代デザイナーズブランドのプレスを経て'90に株式会社タウを設立。最初に手掛けたPRが伝説のクラブ「GOLD」。以降、ファッションブランド、セレクトショップ、カフェ、クラブ等の立ち上げに参画。「衣」「食」「住」「遊」のすべてが融合した終の棲家をプロデュースすることが目下の夢。

Category
Archives
New
Crossroads