Crossroads

交差点的視点から

美しく強く儚いもの

パティ・オースティンのライブにボブリンを誘って行った。

22a2018c.jpg




大人な私たちは、あの頃、恋をしていた時を思い出し、涙ぐむ。

パティ・オースティンを知らない世代のボブリンは、どんな曲を聴いて涙ぐむのかな?

友と、自宅のベランダから多摩川の花火を見る。

ae48217f.jpg


花火が見えるなんて知らなかったから、ここに越してきたのはラッキーだった!

それにしても、花火の美しさは、儚い。ふと、花の命は短くて・・・を想う。

邦題の「そんな彼なら捨てちゃえば」、にひかれて映画を観に行く。

タイトルほど強気な女性が登場するわけではなく、どちらかと言えば古典的な恋の悩みのように感じられて退屈してしまったのは、私自身が歳を取りすぎたせいなのかもしれない。

最近、年下の男性から恋の悩みを打ち明けられるのだが、少なくとも私の周りの男性には、こう言ってあげたい。

「そんな彼女なら捨てちゃえば」

女性は、元来、花の命は短いのを知っているから、うじうじと恋の痛手を引きずらないもの。

ベランダから見た花火も、どんどん高く、大きく、強く輝いているように思えたのだけれど、それは女性の精神的進化と似ているような気がした。

それでも、放っておかれると、寂しくて・・・自爆する。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter
Photo
  • お久しぶりです。
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
Profile

ウラノ タカコ

TAU co.,ltd.代表
80年代デザイナーズブランドのプレスを経て'90に株式会社タウを設立。最初に手掛けたPRが伝説のクラブ「GOLD」。以降、ファッションブランド、セレクトショップ、カフェ、クラブ等の立ち上げに参画。「衣」「食」「住」「遊」のすべてが融合した終の棲家をプロデュースすることが目下の夢。

Category
Archives
New
Crossroads