Crossroads

交差点的視点から

DRAGON GATE

N.Yに帰国したシューズデザイナーのsayaから、「先日連れて行ってもらったプロレスの話、ブログにアップしました~!」と、メールが来たので、慌ててこれを書いてます。

人を巻き込む力がそれなりにある私には、人に「巻き込まれる力」も備わっている。
単純に好奇心旺盛、かつ、この世は「一期一会」だと信じているので、お声がかかればホイホイ出向いていくのだ。

なにが楽しいのやらさっぱりわからなかった柔術にも数回だけだが参加したし、フットサルにも行ってみたが、ボールを足で蹴るとは何事ぞ!、とバレーボーラーはケチつけ、ゴルフにいたっては、ボールが小さすぎ!とキレ、クラブを地面に叩きつけて手首を捻挫した。

バレー部の練習でランニングをサボってばかりいたせいで、この歳になってマラソンに巻き込まれている。むしろ自ら巻き込まれに名乗りを挙げている。

さほど興味のないプロレスに、ある方のお招きで後楽園ホールへ「ドラゴンゲート」の観戦に行ってきた。

resize1662

「最前列のシートをご用意してお待ちしてます」と、おっかないことを言われたので、プロレスマニアの殿とY田さんに同行をお願いした。

resize1663

この二人の方がむしろ、おっかない。

だからなのか、私たちには何にも飛んでこなかった。

resize1659

それが、たとえ、ロープ無しの試合であっても・・・

resize1660


レスラーに気を遣わせる私たちなのだった。

いや~、「楽しかった!」、という感想はもしかしたら失礼にあたるのかもしれないが、格闘技という枠を超えたエンターテイメント力に本気で興奮してしまった。

もちろん、鍛えられた肉体とルックスのよさ、があってこその興奮だったことは言うまでもない。

3月22日、両国国技館へふたたび。

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter
Photo
  • お久しぶりです。
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
Profile

ウラノ タカコ

TAU co.,ltd.代表
80年代デザイナーズブランドのプレスを経て'90に株式会社タウを設立。最初に手掛けたPRが伝説のクラブ「GOLD」。以降、ファッションブランド、セレクトショップ、カフェ、クラブ等の立ち上げに参画。「衣」「食」「住」「遊」のすべてが融合した終の棲家をプロデュースすることが目下の夢。

Category
Archives
New
Crossroads