Crossroads

交差点的視点から

ジャン・コクトー

「藤沢さん、エディット・ピアフやシャネルの映画は作られてるのに、なんでジャン・コクトーの映画がないんですか?まだお元気なうちに作ってくださいよ。」

resize1684

「あなたね、きついこと言うよねえ。そりゃごもっともな話なんだけど、登場人物が多すぎて大変ですよ。僕、本当に死んじゃいますよ。」

学生の頃からジャン・コクトーに心酔し、独学で原書を研究し、ジャン・コクトーゆかりの方々とも会い、日本におけるジャン・コクトー関連の顧問的立場にある藤沢さんは、東京の生粋の遊び人である。

高校生の頃から六本木に学生服のまま遊びに行き、当時六本木に集まっていた「野獣会」の大人たちから可愛がられたという。

小岩でお茶屋さんを営まれている気のいい普通のおじさんだが、とにかく文化的なことに造詣が深く、私はこの藤沢さんが大好きで心から尊敬しており、(藤沢さんからみたら)今どきなところへ連れまわしては、息切れさせている。

たまたまお越しいただいたパーティーで某女性誌編集長をご紹介したことから、その女性誌10周年パーティー企画として「キャバレー・コクトー」を開催することができたのだが、そのことをとても恩義に感じてくださっている藤沢さんは、何かと「ウラノちゃんのおかげ」と私のような下世話な俗人にジャン・コクトーのことやバレエ、音楽、書物、映画・・・を教えてくださっている。

「2013年がジャン・コクトー没後50年にあたり、いろんな企画をしたいんだよね。手伝ってください。」

喜んで!!!

と、おもむろに見せてくださったのは、没後20年の1983年に発刊されたフランスの新聞「リベラシオン」のコクトー特集号。

resize1687


resize1686

アンディ・ウォーホールが描いたジャン・コクトー

resize1683


ココ・シャネルと

resize1681


詩人・画家・映画監督・・・とマルチクリエーターぶりを表す写真

resize1685

私に何がお手伝いできるのかはまったく検討もつかないが、藤沢さんよりかは若干若いので、手足となって動きます、と言ってみた。

「ジャン・コクトーが活躍していた頃のまさにキャバレー的な一夜を企画することは、もしかするとできるかもしれません。」

ところで、このコクトー特集の日本版作ったらどうですか?と、そっけなく投げかけてみたら、「実は、リベラシオンまで出向いて確認したんだけど、ちょっと前に日本人が買い占めていった、というんだよ。それ、ファッションデザイナーのKさん。しかも、写真や資料なんか何も残してないっていうわけ。非常にフランス的だなと思って感動したんだよ。」

いい話だな~。

北野武監督が仏芸術文化勲章「コマンドール」を授与されたニュースも飛び込んできて、今すぐパリに飛びたい衝動にかられている。

これからの三年は、「仕事という名のライス(米)ワーク」と、「魂が喜ぶ情熱という名のライフワーク」の二本柱でまい進して行こうと思う。

藤沢さんに教えてもらった、マックス・ラーべを見てヨーロッパの文化にほんの少し触れてみる。

Comment

ayaya | April 02, 2010 21:06
コクトーの記事、興味深く拝見しました!しかも、北野武さんのことも触れていらして・・・共通する何かを感じられたのでしょうか?
ウラノ | April 03, 2010 01:49
ayayaさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
ジャン・コクトーのようにマルチに活躍するアーティストを高く評価するところが、フランスと日本の文化の違いなのかな、と思っています。
日本は一芸に秀でた伝統的な匠の技を評価します。
北野武さんは、まさにマルチな才能を発揮するクリエイターで、日本よりフランスでの評価が高い点が、おもしろいな~、と思ってブログに書きました。
才能あるアーティストに国が資金援助するフランスを、羨ましく思っています。
同時に、北野武さんを日本人として誇りにも思っています。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter
Photo
  • お久しぶりです。
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
Profile

ウラノ タカコ

TAU co.,ltd.代表
80年代デザイナーズブランドのプレスを経て'90に株式会社タウを設立。最初に手掛けたPRが伝説のクラブ「GOLD」。以降、ファッションブランド、セレクトショップ、カフェ、クラブ等の立ち上げに参画。「衣」「食」「住」「遊」のすべてが融合した終の棲家をプロデュースすることが目下の夢。

Category
Archives
New
Crossroads