Crossroads

交差点的視点から

それでも頑張る、それだから頑張る

数年に一度、鎮痛剤を飲んでも一向に激しい頭痛は治まらず、横になっていても激痛と鈍痛が繰り返し、あ~、このままどうにかなっちゃうのかな~、などと眠れぬ夜を過ごすことがある。

整体に行けば、「こんなに肩が鉄板のようになっている人はなかなかいません。頑張らないでください。」、の決まり文句で。

頑張らないってどういうこと?

調子が悪けりゃ姿を隠すし、元気な私を期待してくれてる人を前に機嫌の悪いところなんか見せたくない。だから、頑張る。人知れず、療養してればいいのだから。

それでも、しんどいよ~、とこぼせる仲間がいてくれる私は幸せ者だ。

resize1701

イタリアンが食べたいと言ったら、ちゃんと調べて探してくれる。

プンタレッラが食べたいと言ったら、ちゃんと出てくる。

resize1697

どうせ、あの黒いのが食べたいんでしょ?

resize1698

そうなの。ホワイト(アスパラ)も黒(トリュフ)も大好きなの。

resize1696

ほんと、ウラノはジェットコースター人生だよね~!と友は言う。

自らそれを演出していることを、友は知っていてそう言う。

そんな私に付き合ってくれているってことは、貴女だって同じなんだよ、と私は言う。たとえ、二人になっても、誕生会は続けようね。私を最後にしないでね。と、本気で思っている。

体が春の準備を始めているというのに、外は冷たい雨。頭痛は続く。

疲れしらずの殿が、家のリフォームアドバイスをお願いしたい。自分は一切口出ししないから、と言っておきながら、舌の根も乾かぬうちから口出しする。

ね~さんのところと同じL字ソファが欲しい。

resize1694

ね~さんのところと同じエッグチェアが欲しい。

resize1695

姉のやることなすこと真似する殿は、実の弟より弟らしくて、腹立たしい。

それでも、お礼にと食事をご馳走してくれるところは、実の弟と違って、好感が持てるけれど。

resize1703

秘書A子挙式のヘアメークの打ち合わせに立ち会う。

つけまつげはこっちの方で、右へ一ミリずらして、シャドーはこの色で、、チークはこのくらい、髪飾りはこれでこの位置に・・・で、担当の女性も大興奮。こんなに的確なアドバイスをしてくれる人はなかなかいません。花嫁さんで、こうやって人にお任せする方ってそういらっしゃらないんですよ。で、ますます張り切る私。

お礼にとオーギャマンへ予約せず出向けば、席はなく。。。

resize1708

それでも、ちょっとここで待っててください!と若きギャルソンが相手してくれた。

その分、オニオングラタンスープに乗るフォアグラは器から飛び出す大きさで。

resize1705

A子の挙式準備で、なんか私も結婚したくなったな~、と言えば、僕がいるじゃないすか~、と家庭持ちのシェフが調子のいいことを言う。

ウラノさん、寿司食べに行きませんか?知る人ぞ知るの名店で、若大将がモデル出身のイケメンなんですよ。

はい、喜んで!

で、代官山まで迎えに来てもらい、勝どきへ。

resize1706

寿司の旨さもさることながら、紹介の方そっちのけで若大将と盛り上がる私。だって、共通の友人が、あまりにも近しいゲイ友ばかりだから。

もしや若大将、も?いやいや、僕は、ノンケです!って、ノンケっていう言い方がすでに怪しいが、見る目アル私は、彼はノンケだとわかっている。

すぐの再会を約束して、近くの公園で花見。

resize1707

誕生日が過ぎても、春はまだまだ遠い、三月末日。年度末。
  • Posted by ウラノ タカコ
  • Comment(0)
  • 13:35 | Edit

You've Got The Love

五月に結婚式をあげる秘書A子のために、披露宴で流す音楽の選曲を100曲ばかりしたのだが、老いも若きも楽しめるなかなかナイスなハッピーソングばかりをよくぞ選曲したものだと自画自賛モードに浸っていた。

ただし、歌詞に披露宴にはふさわしくない内容があるかもしれないので、念のため確認しておいて欲しいとだけ伝えて。

予感は的中し、去っていった女性を未練たらたら嘆き、復縁を願うしみったれた男のバラードか、あたしゃ一人で生きていくさ、と弱いくせに強いふりする女の決裂ソングがやけに多かった、と。

それでも式に相応しいハッピーチューン60曲を選び、それらの音は当日の感動をサポートする大きな力添えになることは間違いないと、ほくそえんでいる。

こんなところで、音の好みの傾向がわかるというのは、自分の素を見られるようでなんだか気恥ずかしいけれど・・・

さて、海外出張が多く久しぶりに会う友人と、オーギャマンへ行く。

お互い3月生まれということもあって、二人だけで乾杯することに。

こはだのマリネとホワイトアスパラガスのサラダ

resize1691

ふわふわオムレツに黒トリュフをのせて

resize1690

希少部位の三角肉に黒米のガーリックライスを添えて

resize1689

たまにはこうしてゆっくり食事しなくちゃね、なんて話していたら、突然スタッフから「本日の主役」ハッピを着せられて・・・

resize1688

赤面しながら皆さんのあたたかい拍手に涙した。

resize1693

右の目にまつげが刺さって泣いていたのだけれど、そんな無粋なことも今更言えず、右目から涙を流しつつ笑顔で感謝を伝えた。その顔は、さぞかし、怖かったろうに・・・

「ウラノさん、Sさんから電話です。」

「ツイッターでオーギャマンにいるってあったから、木下シェフに念押ししたの。ちゃんと誕生日サプライズ頼みますよって。」

有難きは、友だちの輪。

嬉しさの余韻を楽しむべく、二人だけのカラオケへ、披露宴の選曲からもれてしまったベタなラブソングをデュエットで歌う。

本当のことを言うと、こんなセットとこんな衣装でこんな歌を、私自身で歌いたいところなのだが・・・



友からの温かいメッセージに感謝しつつ、いい歳になったというのにいまだ変身願望があるのがなんだか気恥ずかしくもあり。
  • Posted by ウラノ タカコ
  • Comment(0)
  • 11:22 | Edit

鍼灸ダイエット体験

去年の秋頃から、どうもおなか周りのタプタプが気になっていて、このまま見て見ぬふりすりゃ間違いなくメタボ一直線になると内心かなり焦っていた。

新年早々にこじらせたひどい風邪で食事もろくに取ってもいないのに、タプタプはタプタプのまま。断っておくが、必要以上に食事の量が多いわけでも間食をするわけでもない。お酒も飲まない。運動も長年続けている。てことは、加齢に伴う代謝の低下が原因だということぐらい簡単に想像がつくわけで。

で、ある先輩のご紹介で、本日、龍虎道(リュウコドウ)の鍼灸によるダイエット療を受けてきた。

先生の簡単な問診のあと、おなか、足、腕などに鍼を打ってもらうのだが、土台が意外と素直な私は、不意の睡魔に襲われてしまった。こんな経験は初めてのことで、指で瞼を開けながら先生の説明を聞いた。

苦笑いの先生いわく、「典型的な心・肝の滞りですね。普段から怒りの感情を溜め込んでいます。交感神経と副交感神経のバランスが悪く、不眠はそれが原因だと思われます。それによって代謝が悪い体質になっている。」、と。

まさに、つねにハイテンションで寝つきが悪く、横になったら即いびき、な人が激しく羨ましく、熟睡というものを大人になってあまり味わったことがない。

そりゃ、代謝も悪くなるはずだ。いくら運動したところで、タプタプにもなるわけだ。

先生との出会いは、「いいタイミングでお越しいただきました。」

「ちなみに今の体重は?」

「170センチ55キロです。学生の頃から体重はさほど変わっていないはずです。」と、聞かれてもいない身長を強調し学生時代の体重より若干重めに申告した。

「体重計お持ちですか?今日から朝晩計ってみてください。反応が早いので効果が即座に表れると思いますよ。」

実は、体重計など買ったことがありません。最近の体重なんか知る由もございません。龍虎道を出て買いに行きました。こんなにオシャレな体重計、いえ、ヘルスメーターを。

resize1680

自宅に戻って乗ってみました。

え????見たこともない数字が点滅します。

完全にさばを読んでました。確定申告に偽りアリで追加徴収されそうです。

明日、正直に先生にお伝えしようと思います。

三ヶ月間、通い続けます。

三ヵ月後は、こんな感じになっていると思います。願います。こうなったら念力です。

resize1679

5月に結婚式を挙げる秘書A子に勧めたのは、言うまでもありません。
  • Posted by ウラノ タカコ
  • Comment(2)
  • 22:32 | Edit

思い立ったら吉日

土曜日、三ヶ月ぶりに京都から自宅まで来ていただいて、リンパの流れをよくして全身のコリをほぐしてもらったら、なんだか急に走り出したい衝動にかられてしまった。

「マリさん、箱根に走りに行きませんか?」

「いいですよ~、箱根神社に行きましょう。」と、あっさり返事をもらい、逆に焦ってしまったのだが、月曜の早朝、箱根に向かうことを約束した。

時間どおり7時に迎えに来てもらい、車の中で段取りの打ち合わせをした。

「詳しい方に聞いたんですが、まず最初に、白龍神社に行くといいらしいんです。ここは、悪しき縁を切るところ。その次に、九頭龍神社へ。そこは、よき縁を結ぶところ。そして、箱根神社に行き運開きをお願いし、その脇にあるお水を頂戴するのが、流れだそうですよ。」

へえ~、そうなんだ~、と感心していたら、突然目の前に富士山が現れ、

resize1670

二人同時に、うぉ~、と歓声を上げた。

箱根プリンスに車を停め、白龍神社へと走る、つもりが、息が上がって歩く、時々、走り、ぜ~は~すること30分。

resize1669

そこから、すぐそばの九頭龍神社へ。

resize1668

この「九頭龍神」は芦ノ湖の守護神で、「金運開運」「心願成就」に一際高い御神徳をお持ちの神様である。からにして、ぜ~は~したまま頭を深く垂れた。

resize1677

帰りも、走ったり歩いたりのぜ~は~で、いい汗流し、悪しき縁を切り、よきご縁を引き寄せる体作りをした。

そこから箱根神社へと走る脚力はすでになく、泣く泣く車に乗り、嬉し泣く。が、着いた目の前に長い石段が、、、

resize1678

体育大学出身のマリさんを前に口ほどにもない走りが口惜しく、突然石段を一気に駆け上った。のは、イメージだけで、手で足を引き上げて倒れこんだ。


resize1676

全身の力が抜けてしまったのは、体力を失っただけではなく、この霊力とも言うべき磁場のエネルギーに圧倒されたからだと感じた。

言われたとおりに、ペットボトルに御水をいただく。

resize1675

東京への帰路の途中、そばを食べ、

resize1674

「箱根の湯」に浸かり、女子高生らしき集団に入浴の心得を教え、午後の仕事へと向かった。

サイキックカウンセラーのマサからの電話に出た。

「姉さん、怖いくらいに元気なんだけど、どこか行ってきた?」

「箱根神社に行ってきたの。」

「あ~、だからか~。龍だらけ~。ジェットコースターに乗ってるみたいになっちゃうよ~。アロマオイルで心静めてくださいね~。」

大丈夫。筋肉痛で動きがスローな火曜の午後だから。
  • Posted by ウラノ タカコ
  • Comment(0)
  • 23:17 | Edit

ねにもつタイプ

三日で終わるだろうと思っていたこのブログが、いまも細々と続けられているのは、断片として残っている記憶と妄想の言語化を指南してくれたこの本のおかげである。

resize1673

そこに描かれた昔の情景が、あまりにも私の記憶とリンクしているのが不思議で、この方のプロフィールをチェックしたら、やはり同学年だった。

もちろん、妄想の景色をさもテレビや映画を観ているかのように文章化する力など私にはさっぱり無いが、日常のちょっと気になる事柄を笑いに変えて表現するヒントを、この本から頂戴した。

かなりいい歳の私だが、団塊世代の方々からは、何を考えているのかさっぱりわからない「新人類」と呼ばれた世代である。
そんな「新人類」の私たちでさえも、最近の若いモンは冷めすぎていてつまらない、と思っている。けど、最近の若いモンは・・・を説教臭く散々言われてきた私たちは、そんな言われて嫌だったことを後輩には言わないことにしているつもりだった。

最近、ある20代男性のつぶやきに、「30代はとても早く時間が過ぎる。40代はもっと早い、と大人に言われるが、それを言われるのが僕は好きじゃない。時間の流れは人によって違うわけだし。。。でも目上の人の前ではそれを言わない。」と、あった。

カッチ~ン。

はい、それは最近よく言う私のセリフですね。

と、イライラと反応している自分に嫌気が差し、「ねにもつタイプ」をふたたび読んで大笑いしたら、そんな低次元のイライラはどこかにすっ飛んでしまった。

今朝、ぱっと開いた「ニーチェの言葉」には、

同類からのみ理解される

自分を称賛してくれるのは、自分と似たりよったりの人々だ。自分もまた、自分と似たりよったりの人を称賛するものだ。自分と同類の人間でないとうまく理解できないし、よしあしもよくわからない。また、自分とどこかで似ている相手を称賛することで、なんだか自分も認められているような気になるものだ。
つまり、人間にはそれぞれのレベルというものがある。そのレベルの中で、理解や称賛、迂回した形での自己の認め合いが行われているというわけだ。

と、あったし。

resize1671

さらに、20代の頃に考える楽しみを教わった「思考の整理学」を読み返し、老いを前に人間の幸福とはいかにあるべきかを書いた「不幸な国の幸福論」を読んでいる。

resize1672

「一般に年を重ねるにつれ、月日の経つのが加速度的に早くなるように感じられるのは、加齢によって運動能力や情報処理能力が低下し、何をするにも若い頃より時間がかかるため、頭のなかの時間と実際の時間に食い違いが生じるため」だから、もうちょっと年長さんには優しく接しておくれよ、若者よ。それでも、己のオバハンっぷりを見つめなおす機会を与えてくれてありがとう。

で、なんだかんだと些細なことを「ねにもつ」ことが新しいことにチャレンジする原動力にもなっているタイプの私。
  • Posted by ウラノ タカコ
  • Comment(0)
  • 16:37 | Edit
Twitter
Photo
  • お久しぶりです。
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
Profile

ウラノ タカコ

TAU co.,ltd.代表
80年代デザイナーズブランドのプレスを経て'90に株式会社タウを設立。最初に手掛けたPRが伝説のクラブ「GOLD」。以降、ファッションブランド、セレクトショップ、カフェ、クラブ等の立ち上げに参画。「衣」「食」「住」「遊」のすべてが融合した終の棲家をプロデュースすることが目下の夢。

Category
Archives
New
Crossroads