Crossroads

交差点的視点から

ジャン・コクトー

「藤沢さん、エディット・ピアフやシャネルの映画は作られてるのに、なんでジャン・コクトーの映画がないんですか?まだお元気なうちに作ってくださいよ。」

resize1684

「あなたね、きついこと言うよねえ。そりゃごもっともな話なんだけど、登場人物が多すぎて大変ですよ。僕、本当に死んじゃいますよ。」

学生の頃からジャン・コクトーに心酔し、独学で原書を研究し、ジャン・コクトーゆかりの方々とも会い、日本におけるジャン・コクトー関連の顧問的立場にある藤沢さんは、東京の生粋の遊び人である。

高校生の頃から六本木に学生服のまま遊びに行き、当時六本木に集まっていた「野獣会」の大人たちから可愛がられたという。

小岩でお茶屋さんを営まれている気のいい普通のおじさんだが、とにかく文化的なことに造詣が深く、私はこの藤沢さんが大好きで心から尊敬しており、(藤沢さんからみたら)今どきなところへ連れまわしては、息切れさせている。

たまたまお越しいただいたパーティーで某女性誌編集長をご紹介したことから、その女性誌10周年パーティー企画として「キャバレー・コクトー」を開催することができたのだが、そのことをとても恩義に感じてくださっている藤沢さんは、何かと「ウラノちゃんのおかげ」と私のような下世話な俗人にジャン・コクトーのことやバレエ、音楽、書物、映画・・・を教えてくださっている。

「2013年がジャン・コクトー没後50年にあたり、いろんな企画をしたいんだよね。手伝ってください。」

喜んで!!!

と、おもむろに見せてくださったのは、没後20年の1983年に発刊されたフランスの新聞「リベラシオン」のコクトー特集号。

resize1687


resize1686

アンディ・ウォーホールが描いたジャン・コクトー

resize1683


ココ・シャネルと

resize1681


詩人・画家・映画監督・・・とマルチクリエーターぶりを表す写真

resize1685

私に何がお手伝いできるのかはまったく検討もつかないが、藤沢さんよりかは若干若いので、手足となって動きます、と言ってみた。

「ジャン・コクトーが活躍していた頃のまさにキャバレー的な一夜を企画することは、もしかするとできるかもしれません。」

ところで、このコクトー特集の日本版作ったらどうですか?と、そっけなく投げかけてみたら、「実は、リベラシオンまで出向いて確認したんだけど、ちょっと前に日本人が買い占めていった、というんだよ。それ、ファッションデザイナーのKさん。しかも、写真や資料なんか何も残してないっていうわけ。非常にフランス的だなと思って感動したんだよ。」

いい話だな~。

北野武監督が仏芸術文化勲章「コマンドール」を授与されたニュースも飛び込んできて、今すぐパリに飛びたい衝動にかられている。

これからの三年は、「仕事という名のライス(米)ワーク」と、「魂が喜ぶ情熱という名のライフワーク」の二本柱でまい進して行こうと思う。

藤沢さんに教えてもらった、マックス・ラーべを見てヨーロッパの文化にほんの少し触れてみる。

深夜になれば

バーチャルクラブ活動に精を出す。

大阪のSAZAEは昨年末で閉店し、

9205880d.jpg


ea71e387.jpg


314b367a.jpg


2766b84f.jpg


西麻布Yellowもこの夏でクローズ・・・

確かにかつてほど頻繁にクラブには行かなくはなっても、いつかは行こうと思ってるいいハコがなくなると、まだ産めると思っていたのにいつの間にか産めない年齢になっていた、かのような寂しさを感じるのは、大袈裟か?大袈裟、だな。

「GOLD」がクローズした時は、始まりがあれば終わりがあるさ的に冷めてたのに・・・

それは、自分の中でやりきった感があるからかもしれない、が。

仕事も恋愛もなんでもかんでも、全力を出し切った達成感があれば、何も悲しむことはないはずだ。
(だんだん変な方向に向かってるぞ。大丈夫か?自分・・・)

もとい。

出かけない夜は、Beatportでクラブ活動中ですけど、やっぱり物足りない。

ソウル・マン

ひとまわり年上の敬愛する兄であり友人のF氏に誘われて、ブルーノートへ「サム・ムーア」のライブに行く。
87eeada3.jpg

’60年代初頭に伝説のソウルデュオ「サム&デイブ」を結成し「ホールド・オン」「ソウル・マン」などビッグヒットを連発。
デイブの交通事故死以降不遇の時が続くも、’06年にソロCDを出し、奇跡のカムバックを果たした、齢70は超えているであろうその人を目の前にしただけで涙が。。。
アンコールで歌ったのは、You are so beautiful......
不意打ちです。反則です。号泣です。

「ウラノちゃん、これ見ておいたほうがいいよ~。」と、いつも気に掛けてくださるF氏は、14歳でかの「六本木野獣会」に入ったお方。

ウィキペディアによると、
六本木野獣会とは、1961年、のちに歌手、俳優となる当時高校生の田辺靖雄を中心に結成されたティーンの遊び人グループ。
ジェリー藤尾、大原麗子、加賀まりこなど良家の子女が多く、1960年開店の文化サロン的存在になりつつあった飯倉のキャンティに集まっていた。


そのF氏、ありとあらゆることに造詣が深く、お会いするたびに思わずメモを取りたくなるほど含蓄のあるお言葉、哲学、文化のなりたちなどを話してくださるのだ。
ジャン・コクトー、バレエ、ソウル、映画、歌舞伎、文学etc.
決して説教臭くなく、上から目線でもなく、とにかくチャーミングで温かい人なのだ!

F氏をして「大いなるピュアネス」と言わしめたサンボマスター山口氏もこのライブでご一緒だったんですが、山口氏もF氏にはかなり触発されたようで、F氏いわく「電話で2時間も3時間も質問攻めにあって、いや~、まいっちゃった。。」な位、次世代につなげたい東京の'60年代カルチャーの体現者なのです。

F氏がたどってきた軌跡を残さねば。

私は、おそらく、その橋渡し役なんだろうことを、ふと感じた夜でした。

「聖なるものは世俗のなかにある。」 ジャン・コクトー
Twitter
Photo
  • お久しぶりです。
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • Girls Just Want To Have Fun
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
  • 納富慎介という人
Profile
Category
Archives
New
Crossroads